実例から考える

実際に過去にあった例を考えてみると、やはり私達は弁護士という存在が必要である、という点を思い起こすことが出来ます。たとえばある方は、遺産の相続に関する問題に直面しました。このトラブルは、誰にでも起こりうるトラブルの一つといえるかもしれません。遺産の相続を巡ってトラブルになった時、頼ることが出来る弁護士がいたと言う事への心強さはやはり何にも替えがたいものです。

また、借金問題に関して実際にどうしようもないと思った時に、弁護士に相談したことで道が開けた、という方もおられます。例えば、ギャンブルなどによって負った借金は、自己破産ができないという制約があります。ただし、『民事再生』によって、借金の額を大きく減らすことができるかもしれません。そういった点を、相談したことによって知ることが出来たので、最悪の事態を回避することが出来ました。

私達も、自分たちでは解決使用がないと思えるようなトラブルに直面した時、弁護士に相談できるということを覚えておくと良いでしょう。特に法律に関係する面はそう言えます。また、自分たちの側に弁護士がいるという心強さも、様々な論争において根負けなど、負けないために、必要となります。